特別交付税、算定・配分方法など見直しへ(読売新聞)

 原口総務相は1日の衆院総務委員会で、地方自治体に災害復旧など特別な財政需要がある場合に配分している「特別交付税」について、算定や配分方法などを見直す考えを明らかにした。

 総務省令で定める算定項目が200を超すなど制度が複雑で、「恣意(しい)的な運用や、有力国会議員の地元自治体への手厚い配分につながっているのではないか」との指摘があるためだ。

 特別交付税は、地方交付税の一種で、毎年、12月と3月の2回に分けて配分している。予算額は地方交付税総額の6%に相当する額で、2010年度は1兆138億円。自治体が算定項目を踏まえて要求額を決め、総務省が要求額の全体が予算額の範囲内に収まるよう調整している。ただ、算定項目には「その他特別の事情」というものもあり、透明性確保が課題となっていた。

<卒業危機>学校納付金も融資対象に 厚労省(毎日新聞)
史上最高の初版300万部=「ONE PIECE」57巻(時事通信)
首相動静(2月24日)(時事通信)
羊 ママとじゃれあい…出産ピーク 群馬・渋川の牧場(毎日新聞)
6億円脱税の疑い シリコン2社を近く本格捜査(産経新聞)
[PR]
by eqggjaltka | 2010-03-05 06:31