前原国交相「秘書3人起訴の事実は重い」(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢氏が不起訴となったことについて、前原国土交通相は5日の閣議後の記者会見で、「幹事長は不起訴だが、秘書3人が起訴された事実は重い」と述べた。

 小沢氏の幹事長続投は「支持する」としたが、「今後、新たな局面があるのかどうか、慎重に見極めたい」との考えを示した。

 一方、起訴された石川知裕衆院議員については、「現職の国会議員が起訴されるのは極めて重いこと。出処進退は政治家自らが決めるものだ」と強調した。

名古屋ひき逃げ、運転者は20代ブラジル人(読売新聞)
<陸山会事件>小沢氏「有罪の証拠ない」地検が会見(毎日新聞)
朝青龍引退の号外、驚きの声(読売新聞)
「政治とカネ」ツートップ、参院選へ舵取り厳しく(読売新聞)
車の鍵、遺書なく…=不審点捜査、「自殺」覆る−状況証拠で立証へ・連続不審死(時事通信)
[PR]
by eqggjaltka | 2010-02-10 13:43